TOPICS

2019.04.05

10回目の「JOIN ALIVE」皆様へ感謝の気持ちを込めて!!

早いもので「JOIN ALIVE」は今年10回目の開催となります。
この場をお借りしてこれまで参加していただいた皆様に改めて心からの感謝を申し上げます。

「Music , Love & Flowers」
これは1967年にサンフランシスコで行われた本格的野外ロックフェスティバルの原点と呼べる「モンタレー・ポップ・フェスティバル(M.P.F)」の主催者が掲げたフェスティバルのテーマです。

M.P.Fの模様を収めた映像からは、ロック、フォーク、リズム&ブルース、民族音楽など様々な出演者によるエネルギー満載のライブ演奏(Music)、スタッフによる手作り感に溢れ愛のこもった会場作り、そして髪に花を飾り笑顔で参加するお客さん(Love & Flowers)。まるで満開に咲き誇る花のように美しい光景が全編に映し出されていました。

2010年、M.P.Fに感銘を受けこのフェスティバルの精神と、主催者の掲げたテーマを継承しようと思い「JOIN ALIVE」を立ち上げました。
言うならば、幅広いジャンルの音楽を呼び込む事と、圧倒的に便利で平和な空間を作る事。

このシンプルなメッセージを伝える為の場所を探していたところ、想像を超える恵まれた環境の施設と巡り会う事が出来ました。
なんと遊園地まで併設されている「いわみざわ公園」です。

今年も各ステージで様々な音楽が鳴り響きます。皆様が少しでも楽しく過ごせるよう心を込めてスタッフ一同会場の準備をいたします。
オルタナティブガーデン横の公園には色とりどりのバラがたくさん咲いています。
是非こちらにも足を運んでいただき「Music , Love & Flowers」を感じ取ってもらえればと思います。


JOIN ALIVEが続いていく過程で重要な事は「何を積み上げるか」だと感じています。そして、この積み上げがオリジナルを生むのです。
過去9回、少しずつではありますが色々なものを積み上げてきました。
お客様に喜んでいただけるものもあれば、反省すべきものもありました。
しかし、主催者では積み上げる事ができない一番大切なものがあります。
それは会場に集まってくれる皆様です。

皆様が「いわみざわ公園」に集うことによって最高の「JOIN ALIVE」が出来上がっていくのです。

M.P.Fにはテーマソングがあります。
スコット・マッケンジーが歌う「花のサンフランシスコ」という曲です。
歌詞の最後はこう締め括られています。

If you come to San Francisco
もしサンフランシスコに来るなら
Summertime will be a love-in there
夏には愛の集いがあるからね。

今年の夏は、皆様と一緒に楽しい夏を過ごしたい。
「花のいわみざわ公園」で。