ARTISTS

TH eROCKERS

TH eROCKERS
DATE
7月14日(日) 17:00〜
STAGE
MIRACLE LEAF
PROFILE
映画・テレビ・舞台など、第一線で活躍する俳優陣内孝則率いるザ・ロッカーズ。1980年9月アルバム『WHO TH eROCKERS』でデビュー。シーナ&ロケッツ、ザ・モッズ、ザ・ルースターズとともに“めんたいロック”を代表するバンドとして脚光を浴び、そのスピーディでシャープなサウンドとグラマラスでセクシーなルックスでロック・シーンを席巻。3枚のオリジナル・アルバムと1枚のカバー・アルバムをリリースして、1982年6月に解散。数多の音楽ファンや、現在の音楽シーンで活躍するミュージシャン、クリエイターの間で伝説として語られる。また、2003年 陣内孝則が監督した自伝的映画『ロッカーズ』 は、中村俊介、玉木宏、佐藤隆太など、いまをときめく若手俳優が若き日のザ・ロッカーズを演じ、大きな話題となる。2016年、バンド結成40周年を記念し、オリジナル・アルバムがリイシューされるとともに再結成ライブも行われ、イベントへも出演、その存在が改めてクローズアップされる。2018年には「フジロック・フェスティバル」「福岡サンセットライブ」などのフェス・イベントに出演。2018年ザ・ロッカーズは、陣内孝則(Vo)、穴井仁吉(B)というオリジナル・メンバーに2014年の再結成から参加している澄田健(G)に、MO’SOME TONEBENDER百々和宏(G)、ブルートニック田中元尚(Dr)を加え、新生ザ・ロッカーズ”を始動させる。2018年から2019年にかけ、制作された新生ザ・ロッカーズの最新作『Rock’n Roll』は、新録オリジナル・アルバムとしては1981年以来、実に38年ぶりの新作となる。伝説は奇跡となる
SETLIST
M-1:セルナンバー8
M-2:非常線をぶち破れ
M-3:1999
M-4:三流の恋仇
M-5:恋のファンファーレ
M-6:糸島の太陽
M-7:週末はこのザマさ
M-8:涙のモーターウェイ
M-9:ジャッキー
M-10:可愛いアノ娘
M-11:ショックゲーム
VIDEO