JOIN ALIVE

昨年の様子昨年の様子

2010年、JOIN ALIVE初開催を振り返る。

2010年7月、183ヘクタールという広大な「いわみざわ公園」にある野外ステージと遊園地エリアを会場としたイベントJOIN ALIVEの第1回目が開催されました。自然に囲まれながら音楽とアミューズメントを満喫、更に会場までのアクセスも便利という新しいイベントが北海道に誕生したのです。

会場は山や緑が溢れていると同時に遊園地のカラフルでどこかノスタルジックな雰囲気も漂う。午前9時開場。初めてのイベントに期待を寄せるお客さんが続々とゲートを抜けてお目当てのステージへ向かって行く。午前11時いよいよライヴがスタートした。JOIN ALIVEのメインステージとなる野外音楽堂「ROSE STAGE」は収容人数約14000名。客席後方は山の緩やかな斜面になっており、これだけの収容人数にも関わらずどこからでも観やすい。しかもゆったりできるので小さな子供がお母さんと踊りながら楽しんでいる姿が微笑ましかった。遊園地内の「VELVET CIRCUS」はサーカステントを利用した屋内ステージ。薄暗い入口からアーチを抜けると、目の前にステージが現れ、振り返るとなんと階段状の客席。こちらもどこからでも観やすい造りになっていてサーカス同様、皆の心を魅了するライヴが続く。そして「ROSE STAGE」にほど近い芝生エリアに登場した「FUTURE FLOWERS」は平坦な芝生の中に建てられたステージで、ステージと客席の距離が近いことで一体感もあり青空の下、更に盛り上がって行く。

JOIN ALIVEはキャンプもできる。会場にはキャンプサイトが二つあり、池のほとりにある遊園地内キャンプサイトは遊具が目の前にあるかつてない環境。遊園地の中で寝泊まりするなんてなかなか経験できないだろう。ゲレンデキャンプサイトはその名の通りスキー場のなだらかなゲレンデ。北ゲートやB駐車場にも近く、入場もキャンプ道具の持ち運びにもとても便利な距離。ジェットコースターの絶叫をBGMにテントを張る人達の笑顔も最高だ。トイレや水場のライフラインも完備されているというのも非常に過ごしやすい。

そしてライヴと共に楽しみたいのが遊園地。JOIN ALIVEのお客さんは遊園地の入場が無料なので47機種あるアトラクションの中から好きな遊具どれでも3種利用可能のサンセットチケットやフリーパス券を購入すれば遊園地も存分に満喫できるとあっては利用しない手はない。北海道最大の大観覧車に乗って見渡す会場は一見の価値有り。イベント期間中だけの夜間営業も、ライトアップされた遊具が並ぶ夜の遊園地が普段味わう事のできない特別な気分にさせてくれた。

食も忘れてはならない楽しみの1つ。キタオンエリアには地元南空知地方の食材を使った出店が建ち並び、食欲を刺激する匂いと湯気に誘われたお客さんの胃袋を満足させていた。遊園地内のレストランも利用できるのでキタオンエリアまで行かずとも飲み物や食べ物を買う事ができるのも便利で嬉しい。

キタオンエリアからグリーンランドエリアを繋ぐフォレストラインというウッドチップの道を歩く。昼は左右に生い茂った緑が眩しく、草木の青い香りに包まれながらゆるい上り坂を進むと視線の先には巨大な観覧車が出現。夜は木々に吊るされたランプのやわらかい光が道標となっていた。自然と人工的なもののコントラストが日常を忘れさせてくれる、この解放感こそがイベントの醍醐味だろう。

晴天続きとはいかず、開催期間中は雨が降ったりもしたが、記念すべき第1回目のJOIN ALIVEは初開催の反省や改善点を胸に無事終了した。ベビーカーを押す家族連れも多く、なんと言っても帰りのお客さんの笑顔が印象的だった。
そう!JOIN ALIVEは大人も子供も昼も夜も楽しめる魅惑的なイベントなのだ。

Report of JOIN ALIVE 2010

開催日程
2010年7月17日(土)
2010年7月18日(日)
ステージ構成
ROSE STAGE、VELVET CIRCUS、FUTURE FLOWERS(3ステージ)
総出演アーティスト
44組
総入場者数
17日 約10,000人 / 18日 約10,000人
気温
17日 最高気温 27.0℃ / 最低気温 18.7℃
18日 最高気温 28.1℃ / 最低気温 20.1℃
野外音楽堂(通称キタオン)と、隣接した遊園地内のサーカステント(通称ランドホール)の二カ所をメイン会場として行われる北海道野外イベント - いわみざわ公園(野外音楽堂キタオン&北海道グリーンランド遊園地) 北海道 岩見沢市 志文町 コンサート
ページトップへ